1947年3月5日に神奈川県藤沢市辻堂でグリースメーカーとして操業を開始して以来、今年で70年を迎えることができました。これもひとえに国内外のお客様、株主の皆様、お取引先様、販売店様皆様のご理解とご協力の賜物であると思います。

70年の歴史を顧みると、その時代時代に本当に多くのお客様に支えられ、ご指導をいただいたことがわかります。今のグローバルの時代に我々もその一端を担わさせていただいていることを考えても、日系企業のお客様の世界への発展があったからこそ今の当社があると思います。まさしく当社の発展はお客様に支えられた歴史であると言うことができます。

当社の操業からさかのぼること11年、1936年に創業者でおられる小船惣四郎氏により「小船商会」が設立され、石油類の販売および輸出をスタートしました。小船惣四郎氏の創業への強い想いにより、戦後、協同油脂株式会社はグリース製造を通じて日本の産業界に大いに貢献する会社に成長することができました。その開拓者魂は、戦後の混乱期から日本を立ち直らせ、世界をリードする会社を育てるという信念に導かれて人間教育そのものであったと思います。その精神は、今日の協同油脂に「トライボロジー精神の実践を通じて、産業界に貢献する」という経営理念や「行動規範」として脈々と生きているものであります。私たちは常にお客様のお役に立つ会社を目指し、創業者の夢をさらに大きなものにしてまいります。

今後の社会を取り巻く環境は不透明なことが大きいと思います。100年に一度のパラダイムシフトであるともいわれています。その発展は考えられないスピードで進化していくものと思います。

しかし、転がったり滑ったりするところはこれからもいつの時代も潤滑剤が必要です。地球環境保全という命題に、私たちのトライボロジー研究活動を通じた社会的貢献はまだまだ必要とされており、さらにその活動を深掘りしていかなくてはならないと思います。

私たちは常にお客様の満足を追及してまいります。そして、世界から信頼される会社を目指します。70周年を機会に、歴史を振り返り、先輩の偉業を学び、社員一人ひとりが新しい気持ちで真に社会に役に立つ会社を目指して努力をしてまいります。新しい歴史を作るためにさらに精進してまいります。お客様、お取引先様からのさらなるご指導とご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。

トライボロジー精神の実践を通じ、お客様とともに歩む協同油脂に、今後共一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長     山﨑 雅彦